<5>歯周病はタバコ病の一つ 歯周病にとって大きなリスクは喫煙

歯周病にとって非常に大きなリスクは喫煙 タバコががんや心臓病、脳血管の病気など、

命に関わる病気の原因になることはすでによく知られています。

実は、歯周病にとっても、喫煙はもっとも大きな危険因子です。

タバコを吸うとまず直撃されるのが口の中。歯と歯ぐきにニコチンなどの有害物質が悪影響を与えます。からだの抵抗力を弱めたり、末梢の血管を収縮させ、歯ぐきの血液循環を悪くしたりします。また、タール(いわゆるヤニ)が歯にこびりつくと、歯みがきでは簡単に取れず、歯垢がつきやすい環境になってしまいます。そのため、歯周病になりやすく、治りにくくなります。 歯と歯ぐきのためにも全身のためにも、また、周囲の人のためにも、禁煙しましょう。

05喫煙と歯周病.gif

05喫煙と歯周病.gif 

上記をクリックすると拡大できます。